未経験MRの転職事情



日本におけるコントラクトMRは、未経験者を採用してMR認定試験合格まで教育し、そうした人材を製薬メーカーに派遣するという形でスタートしたと言えます。従って現在コントラクトMRとして活躍している方の大半は、元々は異業種で営業職や販売職に携わっていたMR未経験者の方です。今後コントラクトMRのニーズがさらに拡大していってもコントラクトMRの供給源は異業種の営業職が中心となるものと考えられます。

未経験MRの募集対象
かつては営業職以外に販売職や接客業も募集対象となることもありましたが、不特定多数の顧客に対する「待ち」の仕事になる場合の多い販売や接客の仕事だと、MRになった場合に活躍できるかどうかの見極めが面接でも難しいこともあって、現在は未経験者でMRに採用されるのはほとんどが「営業職」となっています。従ってこれからの未経験者に対するMR募集では、募集対象は基本的には異業種(および医薬品卸)の営業職になると考えられます。業種は基本的には限定されませんが、MRは競合する製薬メーカーと熾烈な競争を繰り広げながら自社製品のシェアを伸ばしていくことが求められるため、営業職の中でも「個人の売上目標を持つ」ことが応募条件として求められるケースがほとんどです。これまでの転職者を見ると「注文住宅業界」や「証券業界のリテール担当」などといった業界出身者がMRになった後に評価が高いようです。



未経験者に対するMR募集ニーズ
特許切れの先発品が瞬く間にジェネリック医薬品に切り替わっていく時代では、新薬メーカーの経営は常に主力製品の特許切れによる業績変動リスクへの対処を求められ続けるため、固定費となる正社員MRの代わりにコントラクトMRを活用することは当たり前の姿となっていくでしょう。従ってコントラクトMRに対するニーズは今後も増していくものと考えられます。ただ、そうした状況でも製薬メーカーの正社員MRは、正社員と比べると雇用の安定度が低く見えるコントラクトMRにはなかなか進んで転職しようとはしません。そのためコントラクトMRのニーズが増えれば、それはほとんどそのまま未経験者に対するMR募集ニーズとなっていくことが予想されます。