コントラクトMRの最新転職情報



2017.05.10
ジェネリックメーカー担当のコントラクトMR求人が増加

最近のコントラクトMR求人の傾向として、ジェネリック医薬品メーカー担当の求人が増えてきました。

ジェネリック医薬品メーカーの特徴として、新たに大型先発品の特許が切れた際に一斉に各社がジェネリック医薬品を発売するため、発売当初のシェア争いが大きな意味を持つという点が挙げられます。そのため、こうした時に一時的にMRのマンパワー増強ニーズが発生します。

それはかつて先発品メーカーが新製品を発売する際に一時的にMRのマンパワー増強ニ−ズが発生したのと似ています。その際に先発品メーカーでは一時的なマンパワーニーズをコントラクトMRで賄う場合が多くありましたが、それと同様に、ジェネリック医薬品メーカーでも新製品発売時に一時的なマンパワーとしてコントラクトMRを活用する傾向が強くなってきたため、コントラクトMRの求人にジェネリックメーカーの案件が増えてきたものと考えられます。